政民合同會議

2月「政民合同會議」のご案内

日 時/令和3年2月12日(金)
    AM11:50~PM13:30
会 場/衆議院第1会館 1F「国際会議室」 
     東京都千代田区永田町2ー2ー1
連絡先/時局心話會 担当:山本 佳奈 
    TEL03ー5832ー7231

  「日本の分断

 講師/三浦 瑠璃
       国際政治学者 シンクタンク 株式会社山猫総合研究所 代表

 三浦氏の物言いはキラリと鋭さがある。テレビでも冷静な分析は参考になるところが少なくない。今回は、菅政権を占う意味で有意義な講演会と考えている。さて、日本の分断は民主主義の敵なのか。いや、そうではない。山猫総研が2019年に独自に行った2000人価値観調査を材料に、先進国で稀に見る日本政治の安定と、そのコストをともに明らかにする。調査で浮かび上がる人々の本音と建前、日本社会特有の価値観、自民党政権の支持率が上下する理由などをひも解いていく。今回は三浦氏のお考えをきたんなくうかがう又とない機会となろう。

【講師経歴】1980年、神奈川県生まれ。国際政治学者。幼少期を茅ヶ崎、平塚で過ごし、県立湘南高校に進学。東京大学農学部を卒業後、同公共政策大学院及び同大学院法学政治学研究科を修了。博士(法学)。東京大学政策ビジョン研究センター講師を経て、山猫総合研究所代表取締役。博士論文を元にした『シビリアンの戦争――デモクラシーが攻撃的になるとき』(岩波書店)でデビュー。近著に『21世紀の戦争と平和――徴兵制はなぜ再び必要とされているのか』(新潮社)。「朝まで生テレビ!」、「ワイドナショー」などテレビでも活躍する一方、旺盛な執筆、言論活動を続ける。第18回正論新風賞受賞。『孤独の意味も、女であることの味わいも』は初の自伝的著作である。

「政民合同會議」とは

 政民合同會議は、マスメディア(テレビや新聞の解説委員、論説委員、編集委員等)、知識人、商社、防衛産業等、第一線でご活躍の方々を対象にした講演会です。内外の政治・経済・外交を中心に現場でご活躍の講師陣を毎月1回お招きしています。時間は、12時から13時30分までです。