6月「東京例会」のご案内

日 時/令和6和年6月17日(月)
    PM5:30~7:15
会 場/日本外国特派員協会
       東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビル5階
       TEL03-3211-3161
連絡先/時局心話會 TEL03ー5832ー7231 FAX03-5832-7232

 「混迷の2024年の政局を読む

     講    師/島田 敏男
             政治ジャーナリスト

 旧安倍派を中心とするパーティー券裏金事件の摘発後、岸田自民党は政治とカネをめぐる問題に翻弄され混迷を抜け出せずにいる。自民党総裁選は9月に迫っているが、それを前に岸田首相が衆議院の解散・総選挙に踏み切るのは困難の極み。麻生派以外の派閥が解散したことで新たな求心力が生まれにくくなった自民党の明日はどうなるのか?混迷する世界秩序と軌を一にするかのような、永田町政治の迷走の行方を読む。

〔略歴〕

1959年(S34)山梨県甲府市生まれ。

1977年(S52)山梨県立甲府一高を卒業して中央大学法学部政治学科に進む。

1981年(S56)NHKに入局し、福島・青森両放送局記者を経て報道局政治部記者。中曽根総理番を手始めに政治取材に入り、法務省、外務省、防衛省、与野党などを担当する。小渕内閣当時に首相官邸キャップを務め、政治部デスクを 経て 2001年(H13)から解説委員。

17年間にわたって政治ニュース解説にあたる。この間、2006年(H18)より12 年間にわたって「日曜討論」キャスターを担当。 2018年(H30)に解説副委員長から名古屋放送局長に転じ、2020年(R2)に放送文化研究所・研究主幹に就く。

2024年(R6)3月で NHKを退職し、4月よりフリーランスの政治ジャーナリストとして活動を開始。 2021年(R3)より順天堂大学国際教養学部で非常勤講師として「政治ジャーナリズム論」を担当。4月以降も継続

「東京例会」とは

 東京例会は、弊会会員(企業経営者)に限定した講演会です。内外の政治経済について現場でご活躍の講師陣をお招きしています。参加者は、優良な中小企業経営者等が中心です。この講演会にご参加頂くためには、会員になる必要があります。時間は、18時から19時45分までです。