5月「アジア会議」のご案内

日 時/令和3年5月21日(月)
            PM4:00~5:30
会 場/衆議院第2議員会館 1F「多目的会議室」
            東京都千代田区永田町2-1-2
連絡先/時局心話會 担当:山本 佳奈 
    TEL03-5832-7231

「米中対立と日米関係ー中国の視線」

 講師/川島 真
    東京大学大学院総合文化研究科教授

 日米・米韓2+2、米中アラスカ会談、そして日米首脳会談が行われ、西太平洋における米中対立と日本などの同盟国との関係、また日米中三国関係の新たな輪郭が描かれつつある。この報告では、その「輪郭」を中国はどのように捉えているのか、また中国にとってはどのような「輪郭」が最も困るのか、ということを考察する。結論としては日米が中国に対して完全に一致するのではなく、一定の相違がある方が中国にとって脅威になると述べる。講師の川島氏の見方は鋭く、期待の星である。

【講師経歴】東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学、東京大学)。北海道大学法学部助教授、東京大学大学院総合文化研究科准教授を経て、2015年4月より現職。現在、中曽根康弘世界平和研究所上席研究員、国家安全保障局シニアフェロー、日本学術会議連携会員、外務省外交記録公開推進委員会委員、「領土・主権をめぐる内外発信に関する有識者懇談会」委員、内閣府国際政治経済懇談会委員、内閣府公文書管理委員会委員、nippon.com 編集委員、『外交』編集委員、富士山会合ヤングフォーラム・アカデミックアドバイザーなどを兼任。中央研究院近代史研究所(台北)、北京日本学研究センター、北京大学、国立政治大学(台北)、ウッドロー・ウィルソン・センターなどで在外研究、教育に従事。中国・台湾の政治外交史、国際関係史を専門とする。

 

「アジア会議」とは

 アジア会議は、マスメディア(テレビや新聞の解説委員、論説委員、編集委員等)、知識人、商社、防衛産業等、第一線でご活躍の方々を対象にした講演会です。内外の政治・経済・外交を中心に現場でご活躍の講師陣を毎月1回お招きしています。時間は、16時から17時30分までです。