11月「アジア会議」のご案内

日 時/令和2年11月24日(火)
            PM4:00~5:30
会 場/衆議院第1議員会館 B1「第1会議室」
            東京都千代田区永田町2-2-1
連絡先/時局心話會 担当:山本 佳奈 
    TEL03-5832-7231

「大統領選後のアメリカと世界」

 講師/古森 義久
    産経新聞ワシントン駐在客員特派員・麗澤大学特別教授・Japan Forward 特別顧問

 全世界が注視したアメリカの大統領選挙は予定どおりに11月3日に投票が終わった。だがその結果はトランプ、バイデン両候補が大接戦のうえにコロナ禍による郵便投票の激増などでなお確定できない。こんごの得票確定をめぐる争いはどうなるのか。その結果、選ばれる次期大統領下でのアメリカの内政、外交はどうなるのか。中国への政策はどうなるか。そして日本への影響は? アメリカ政治を現地で長年、追ってきた古森義久氏が分析と予測を試みる。

【講師経歴】1963年慶應大学卒、ワシントン大学留学、毎日新聞社会部、政治部、ベトナム、ワシントン両特派員、米国カーネギー国際平和財団上級研究員、1987年に産経新聞に入社し、ロンドン、ワシントン両支局長、中国総局長、ワシントン駐在編集特別委員兼論説委員などを歴任。ベトナム報道でボーン国際記者賞、ライシャワー核持込発言報道で日本新聞協会賞、日米関係など報道で日本記者クラブ賞、著書「ベトナム報道1300日」で講談社ノンフィクション賞、著書「大学病院で母はなぜ死んだか」で日本雑誌ジャーナリズム賞をそれぞれ受賞。著書は他に「憲法が日本を亡ぼす」」「ODA幻想」「韓国の奈落」「米中激突と日本の針路」「新型コロナウイルスが世界を滅ぼす」など多数。フジテレビ、TBSラジオ、CNNテレビ、ニューヨーク・タイムズなど日米の多様なメディアにも出演や寄稿。

「アジア会議」とは

 アジア会議は、マスメディア(テレビや新聞の解説委員、論説委員、編集委員等)、知識人、商社、防衛産業等、第一線でご活躍の方々を対象にした講演会です。内外の政治・経済・外交を中心に現場でご活躍の講師陣を毎月1回お招きしています。時間は、16時から17時30分までです。