2019年「京都研修会」11月25日~26日

2019年「京都研修会」11月25日~26日

「京都研修会」が開催された。
 まず「祇園権兵衛」で昼食を食す。「玉子丼」と「親子丼」が名物なお店だ。参加者は「あっさりしておいしい」と満足げだった。
 その後、東福寺・南禅寺・永観堂を観光した。今回の「京都研修会」は秋の紅葉が一番綺麗なときを狙って企画された。参加者はこの3カ所の選択がとても素晴らしかったと言っていた。内田慎一氏は「重々承知しておりましたが、今回の訪問先、特に永観堂の紅葉は想像を遙かに超えるものでした」と感想を述べておられた。その他にも、あまりの紅葉の美しさに口をぽかんと開けて紅葉を見つめる姿が今でも思い浮かぶ。
 夕方、高台寺和久傳で夕飯を食す。「高台寺和久傳」は前田利信氏のご推薦であった。前田氏は弊会きっての食通である。日本全国のおいしい料理を食べ歩き「食」に関しては経験が豊富である。とくに京都のお店はよく知っており「高台寺和久傳」は「嵐山吉兆」に並ぶ名店だと言っておられた。皆さんの感想は、「アッサリしてスマートでおいしかった」であった。とくに、一番最初に出てきた甲羅つきの生のカニがおいしかったとの声が多かった。さらに、からすみが入ったおもちがとても珍しくおいしかったし、和食屋さんでお肉を出すなんて憎いという意見もあった。何と言っても、お店で出された「鍋島きたしずく」という日本酒が最高においしいとの声が後を絶たない。また、舞子や芸者3人が皆さんをもてなしてくれた。京都の舞妓や芸者は教育と経験が行き届き、やはり違うなと思わせる一面があった。
 翌日、「仁王門うね乃」で昼食を食す。「きつねのきざみうどん」がおいしいお店だ。私がいろんな方から紹介を受け、うどんを食べ歩いた結果、上品な味が絶妙なお店で、うどんとだしが絶品だった。中野正也氏は一言で「最高」と何度も言っておられた。中野氏は日本全国でおいしいお店を食べ歩く食通だが、その中野氏から評価をいただいたことがとてもハッピーだった!
 今回の「主張」にも書いたが、弊会は「食文化」の追求には昔から力を入れてきた。「食」を追求することは「経営」を追求することと同じだという代表の山本の言葉ではないが、弊会ではこれからも「食文化」を追求し担当者として一生忘れられない思い出をつくっていきたい。

  • 京都の秋の紅葉を観光しながら清々しい気持ちで記念写真。

  • 京都の秋の紅葉は本当に素晴らしいと感動した参加者各位。

  • 左から山本新太郎、内田慎一氏

  • 「高台寺和久傳」にてすっかり意気投合した浜垣真也氏と村田崇氏。

  • 左から山本善心の若いときからの親友である八田與夫氏、簔口昌明氏。

  • 左から仲のいい宇都ひろ子氏と松木鐘司氏。