2016年「京都研修会」12月18日~19日

2016年「京都研修会」12月18日~19日

2016年「京都研修会」12月18日~19日
 12月18~19日に「京都研修会」が開催されました。
 18日、本家西尾八ッ橋会長の西尾陽子氏にお話を伺いました。西尾八ッ橋は1689年に創業し、今年で328年の歴史を持つ老舗であります。西尾氏は「京都の老舗が続いてきたのは、家訓を頑なに守ってきたからです。家訓は、家業永続を願って、自己の経験や苦労から得た信念をとりまとめ、これだけは子孫に言い残したいとされる思いを書き残したものです。西尾八ッ橋の家訓に、『陰徳を積む』という言葉があります。努力は自分のためだけでなく、他人様に尽くす気持ちが大事だということです。また、京都人は贅沢をせず、質素・倹約を重んじて、今日の京都を築いてきました。昔から、よそ者が京都で成功したら、どこでも成功すると言われてきました。それほど京都は難しいところなんです」など、現場の生々しい内容を次から次へと述べられました。私は久しぶりに素晴らしい講演を聞いたとの感触を得て、胸にぐさりと突き刺さるものがありました。参加者各位も、西尾氏のお話に首ったけでありました。
 その後、霊山歴史館副館長の木村幸比古氏から「幕末の謎!龍馬暗殺の真相は」という内容のお話を伺いました。また、木村氏には京料理についてのお話も伺い、充実した内容に感無量でありました。
 その夜、京都吉兆嵐山本店に出向きました。何と言っても、吉兆は日本一と言われる料亭だけあって、参加者各位から「今日は実に美味しかった」という満足感の声が上がりました。一つ一つの高級な素材に巧みな味付けで個性を引き出していたので、人間で言えば、味のある人だなぁ、というのが私の実感でした。次回は、4月になって、桜の花が咲く頃に、舟に乗って桜を楽しみ、吉兆で食事をして、京文化を味わいたいとの声しきりでありました。
 翌日、京都の街を散歩しました。途中、龍馬の暗殺現場を視察しました。木屋町、高瀬川通り、寺町、そして、人気があったのが、石塀小路(いしべこうじ)でした。なかなか京の街を散歩する機会はないが、この日はぽかぽかと暖かく仲間と共に歩く京の街は最高でした。このプランは弊会代表の山本によるたっての希望でありました。山本は京都の街の至る所に、何千年の歴史が染み込んでいると言いました。
 昼食は、「祇園権兵衛」でした。祇園権兵衛は親子丼ときつねのきざみうどんがとても美味しいお店でした。祇園権兵衛もまもなく100年企業の仲間入りです。
 このように、「京都研修会」は「楽しくて為になる」研修会であり、「学ぶ」「楽しむ」「美味しい」の三拍子揃った、教養を高める絶好の機会だと思いました。こういった研修会は弊会の諸先輩たちの知恵と工夫の集積が実ったもので、歴史の積み重ねに他なりません。

  • 「西尾八ッ橋」の西野陽子氏からご講演をいただいた

  • 左からに西尾陽子氏、山本新太郎

  • 「嵐山吉兆」にて左から橋口俊介氏、簑口昌明氏