定例会(名古屋例会)

5月 名古屋例会のご案内

日 時/令和2年5月27日(水) 
    PM6:00

会 場/名古屋観光ホテル 3F「桂の間」
    名古屋市中区錦1-19-30
    TEL052-231-7711
連絡先/時局心話會 TEL03-5832-7231

「“ポスト新型肺炎”の中国経済・政治情勢と国際関係」

 講師/石 平
    評論家

 武漢発新型コロナウイルスの拡散が本場の中国でも大変な被害をもたらし、中国の政治と経済に大きな影響を与えている。この講演は、最近の動きを踏まえて、「ポスト新型肺炎」の中国の経済事情と政治情勢、及び中国を取り巻く国際情勢・米中、日中関係の現状などについて分析を行い、将来への展望を語る。

(経歴) 〔略歴〕1962年、中国四川省に生まれる。北京大学哲学部を卒業。1988年に来日。1995年に神戸大学文化学研究科博士課程修了後、民間研究所勤務。2002年に『なぜ中国人は日本人を憎むのか』(PHP研究所)を著して中国における反日感情の高まりについて先見的な警告を発して以来、フリーの立場で評論活動に入る。2007年、日本国籍を取得。

〔著書〕「中国はなぜいつも世界に不幸をバラ撒くのか」(2020年3月、徳間書店)、『アメリカは絶対許さない! 「徹底抗戦」で中国を地獄に導く習近平の罪と罰』(2019年9月、ビジネス社)、「中国敗戦 米中新冷戦の真実と結末」(2019年8月、徳間書店、黄文雄氏と共著)、「こんなに借金大国・中国 習近平は自滅へ!」(2019年8月、ワック)、『「天安門」三十年 中国はどうなる?』(2019年5月、扶桑社、安田峰俊氏と共著)、「習近平がゾンビ中国経済にトドメを刺す時」(2019年5月、ビジネス社、渡邉哲也氏と共著)、『なぜ論語は「善」なのに、儒教は「悪」なのか 日本と中韓「道徳格差」の核心』(2019年3月、PHP研究所)、『米中「冷戦」から「熱戦」へ トランプは習近平を追い詰める』(2018年12月、ワック、藤井厳喜氏と共著)、他多数。

「名古屋例会」とは

 名古屋例会は、弊会会員(企業経営者)に限定した講演会です。内外の政治経済について現場でご活躍の講師陣をお招きしています。参加者は、地域の優良な中小企業経営者等が中心です。この講演会にご参加頂くためには、会員になる必要があります。時間は、18時から19時45分までです。