定例会(名古屋例会)

9月「名古屋例会」のご案内

 

日 時/令和4年9月2日(金) 
    PM6:00~7:45

会 場/名古屋観光ホテル18F「伊吹の間」
    愛知県名古屋市中区錦1-19-30
    TEL052-231-7711

連絡先/時局心話會 TEL03ー5832ー7231 FAX03-5832-7232

「日本病~どうして日本の国力は30年以上も低下し続けているのか?

 講師/永濱 利廣
    第一生命経済研究所 首席エコノミスト

 低所得・低物価・低金利・低成長「4低」=「日本病」に喘ぐニッポンを分析!①「4低」現象は「日本化(Japanification)」と呼ばれ、世界で研究対象に②異次元の金融緩和でも、物価が上がらない理由③日本は家計も企業も過剰貯蓄、はびこるデフレマインド④日本では、年収200万未満の世帯が増加、年収1500万円以上の世帯は減少→1億総貧困化へ、等。今、人気のある永濱氏が名古屋でうなる。

【講師経歴】 ・1995年3月 早稲田大学理工学部工業経営学科卒
       ・2005年3月 東京大学大学院経済学研究科修士課程  修了
       ・1995年4月 第一生命保険入社
       ・1998年4月 日本経済研究センター出向
               ・2000年4月 第一生命経済研究所経済調査部
               ・2016年4月より現職
〔著書〕「経済危機はいつまで続くかコロナ・ショックに揺れる世界と日本」(平凡社、2020年10月)、「MMTとケインズ経済学」(ビジネス教育出版社、2020年3月)、「エコノミストの父が、子どもたちにこれだけは教えておきたい大切なお金の話」(ワニ・プラス2017年9月)、『60分でわかる「マイナス金利」』(三才ブックス、2016年4月)、「エコノミストが実践するどんな相手も納得させるレポート作成術」(青春出版社、2016年1月)、「日本経済 黄金期前夜」(東洋経済新報社、2015年9月)、『図解 ピケティの「21世紀の資本」』(イーストプレス、2015年5月)、「狼と香辛料で面白いほどわかるお金のしくみ」(KADOKAWA中経出版、2014年12月)、「知識ゼロからの経済指標」(幻冬舎、2014年11月)、「エコノミストが教える経済指標の本当の使い方」(平凡社、2014年3月)

「名古屋例会」とは

   名古屋例会は、弊会会員(企業経営者)に限定した講演会です。内外の政治経済について現場でご活躍の講師陣をお招きしています。参加者は、地域の優良な中小企業経営者等が中心です。この講演会にご参加頂くためには、会員になる必要があります。時間は、18時から19時45分までです。