2月「政民合同會議」のご案内

日 時/令和4年2月7日(月)
    AM12:00~PM13:10
会 場/参議院議員会館 B1「109会議室」 (お弁当付き)
     東京都千代田区永田町2ー1ー1
連絡先/時局心話會 担当:平澤 三津男 
    TEL03ー5832ー7231

  「これからの野党を問う

 講師/片山 さつき
       自由民主党・総務会長代理・金融調査会長・元国務大臣

 日本全国の景気は、まだら模様ではあるが、かなり厳しい状況である。一例にすぎないが、ホテル・旅館もタクシーもバスもコロナ前のマイナス5割から9割減、もみじ饅頭の売り上げも7割減というありさまだ。この危機とも言える難局を何とかして脱却せねばならない。片山氏は10月15日付で金融調査会長に就任した。コロナ禍でGDPギャップがある今は短期的な財政収支悪化に囚われずに、大型経済対策を組むべきと、岸田政権に進言している。氏は岸田政権の金融政策・経済対策の中心的存在として今、注目されている。氏の理路整然とした物言いは見る者を圧倒する。今回は、コロナ禍の日本経済からの脱出を考えるうえで有益な講演となろう。

 

【講師経歴】1959年5月9日埼玉県さいたま市生まれ。東京大学法学部を卒業後、大蔵(現・財務)官僚を経て、自由民主党所属の参議院議員。 内閣府特命担当大臣。地方創生・規制改革・女性活躍推進担当国務大臣などを経て、2019年10月以降、総務会長代理を3期つとめるとともに、コロナ対策本部長、金融調査会長(女性初)として、コロナ禍の経済回復策をけん引する。

「政民合同會議」とは

 政民合同會議は、マスメディア(テレビや新聞の解説委員、論説委員、編集委員等)、知識人、商社、防衛産業等、第一線でご活躍の方々を対象にした講演会です。内外の政治・経済・外交を中心に現場でご活躍の講師陣を毎月1回お招きしています。時間は、12時から13時30分までです。