9月「政民合同會議」のご案内

日 時/令和2年9月1日(火)
    AM11:50~PM13:30
会 場/衆議院第2議員会館 1階「多目的会議室」
     東京都千代田区永田町2ー2ー1
連絡先/時局心話會 担当:山本 佳奈 
    TEL03ー5832ー7231

中国情勢と日本に求められる対中姿勢とは

 講師/田中 均
       元外務審議官・日本総合研究所国際戦略研究所理事長

 

 中国による香港への「香港安全維持法」の導入は、高度な自治の下で繁栄してきた香港の中国化であり、中国自身の頑なな強硬姿勢を国際社会に印象付けている。これから大統領選挙に突入していく米国と中国の厳しい対立は避けられない。歴史的にも東アジアは日米中の相克の中で揺れ動いてきたし、米中の対立は日本を利さない。攻勢を強める中国とアメリカファーストを掲げる米国の間で日本はどのような姿勢を貫くべきなのか。

【講師経歴】1969年京都大学法学部卒業後、外務省入省。北米局北米二課長(1985-87)、アジア局北東アジア課長(87-89)、英国国際戦略問題研究所研究員(89-90)、在連合王国日本国大使館公使(90-93)、総合外交政策局総務課長(93-96)、北米局審議官(96-98)、在サンフランシスコ日本国総領事館総領事(98-2000)、経済局長(00-01)、アジア大洋州局長(01-02)を経て、2002年より政務担当外務審議官を務め、2005年8月退官。同年9月より(公財)日本国際交流センター シニア・フェロー、2006年4月より東京大学公共政策大学院客員教授を兼務。2010年10月に(株)日本総合研究所 国際戦略研究所理事長に就任。オックスフォード大学より学士号・修士号(哲学・政治・経済)取得。

「政民合同會議」とは

 政民合同會議は、マスメディア(テレビや新聞の解説委員、論説委員、編集委員等)、知識人、商社、防衛産業等、第一線でご活躍の方々を対象にした講演会です。内外の政治・経済・外交を中心に現場でご活躍の講師陣を毎月1回お招きしています。時間は、12時から13時30分までです。