6月 政民合同會議のご案内

日 時/令和2年6月5日(金)
    AM11:50~PM13:30
会 場/衆議院第2議員会館 1F「多目的会議室」
     東京都千代田区永田町2ー1ー2
連絡先/時局心話會 担当:山本 佳奈 
    TEL03ー5832ー7231

「ポストコロナ危機の世界経済と日中関係の新動向」

 講師/柯 隆
       東京財団政策研究所主席研究員

                      
 新型コロナ危機は予想以上に長期化し、世界経済に深刻なダメージを与えている。IMFの予測によると、大恐慌以来の深刻な影響と言われている。このまま、新型コロナ危機が長期化していった場合、世界経済をどのように展望すればいいのか。また、コロナの原因をめぐって米中の争いがどう激化するのか。中国がコロナの初動を隠したから世界に広まったのか。さらに、日中関係のあり方についても触れることにする。

【講師経歴】1963年中国南京市生まれ。1988年来日、愛知大学入学。1992年愛知大学卒業、1994年名古屋大学大学院修士課程修了(経済学)。長銀総合研究所研究員を経て、1998年富士通総研経済研究所主任研究員、2006年から主席研究員を経て、2018年より現職。静岡県立大学グローバル地域センター特任教授と広島経済大学特別客員教授を兼務。科学技術振興機構中国研究交流センターステアリングコミッティ委員。国際経済交流財団Japan Spotlight編集委員。専門は中国経済論、開発金融。また、多様なメディアで積極的に中国情勢について発信している。

「政民合同會議」とは

 政民合同會議は、マスメディア(テレビや新聞の解説委員、論説委員、編集委員等)、知識人、商社、防衛産業等、第一線でご活躍の方々を対象にした講演会です。内外の政治・経済・外交を中心に現場でご活躍の講師陣を毎月1回お招きしています。時間は、12時から13時30分までです。