時局心話會とは

時局心話會とは

 1966年、弊会は「企業経営を通じて国と社会を考える会」という趣旨で中小企業経営者の「12日会」を京都にて発足致しました。その後、1981年に、現在の「時局心話會」は株式会社として発足したものです。弊会の発足に際して、中川一郎元衆議院議員とのご縁があり、発足以来何かとアドバイス、ご指導を頂きました。以来、会員向けに毎月、「東京例会」(会場:日本外国特派員協会)と「名古屋例会」(会場:名古屋観光ホテル)の二つの講演会を用意しました。

 さらに、マスメディア・知識人・防衛産業・商社・各研究所・出版社向けに「政民合同會議」と「アジア会議」という講演会を毎月開催しております。弊会会員は両会議への参加が可能です。

 このほか、会員向けに中国、台湾、韓国、札幌、京都などで現地の講師を招いた「内外研修会」も開催しています。

時局心話會の特徴

 参加者は、世界に学び、企業レベルを向上していくために、自らの教養と知識を高めることが肝要です。経営者のレベルアップを高めるとともに、企業全体の強靭な体力につながると考えております。

 現在、弊会では国内外で年間60回以上の講演会・研修会を開催。内外の政治・経済状況に関する問題点を本音で斬り込む旬な講師陣らによる分析・解説が好評です。1984年5月弊会の講師に田中角栄元首相をお迎えしました。氏は講演中「人生はいつまでも勉強だ」と語られ、同じ文言を37回にわたり強調されました。
 また、弊会会員は優良企業が集り、素晴らしい仲間との触れ合いを大切にして来ました。

趣意書

 企業のトップとして時代の最先端を歩むためには、日々変化していく国内外の情勢を見つめ直し、情報を収集して対応することが必要です。そこで企業経営を通じて「国と社会を考える会」という理念のもとに設立されたのが時局心話會です。

 いまや日本を取り巻く国際情勢は大きく変化しております。米国、中国、ロシア、韓国、台湾、香港など、諸外国の政治、経済情勢を学ばなければ自らの立ち位置を確認することは難しくなっております。企業経営者は、各界を代表する講師陣による講演会を通して、共に内外の政治、経済の情報と分析に学び、企業経営の方向性に反映させることが求められております。弊会はこうした小さな積み重ねが企業の安定と国家や社会に大きなインパクトを与えるものと考えております。

 弊会は、どこかの機関や団体にも属さず、右にも左にも偏らず、中立的な立場で互いが錬磨する場所として、企業の歩むべき進路と方向性を模索して来ました。これが、我が国企業がグローバル化に適応する行動や判断の規範であると考えております。

 何卒、弊会の趣旨と理念にご理解いただき、価値観を共有する関係でありたいと願っております。

時局心話會の歩み

1966年 創業者山本善心(当時28歳)が京都で印刷業のかたわら経営者の集まりである「12日会」を発足。毎月定期的な勉強会と親睦会を行い、これが今日の礎となりました。

1976年 弊会の準備機関として東京に進出。企業経営者のための情報交換会を発足。東京の港区三田に仕事の本拠地を構えました。

1981年 心話會を発足。社名の名付け親は発起人代表の中川一郎氏(元衆議院議員)です。
日韓心話會(ソウル)という定期的な研修会・交流会を発足しました。

1982年 日台心話會(台北)を発足しました。
以来、定期的にシンポジウム・セミナーを開催して来ました。

1983年 「名古屋例会」を発足。

1995年 東京例会会長に、株式会社ライフコーポレーション会長兼社長の清水信次氏が就任。

同年 台湾の「群策会(会長 李登輝台湾元総統)」と共催し、現地でシンポジウムを開催。

1997年 「政民合同會議」を開催。
以来、マスメディア・知識人・防衛産業・商社・出版社等を対象とした講演会を月1回開催。

1999年 名古屋例会会長に株式会社リンナイ会長の内藤明人氏が就任。

2003年 「アジア会議」を開催。参加者はマスメディア・知識人・防衛産業・商社・出版社等を対象とした講演会を月1回開催。