アジア会議

12月「アジア安保会議」のご案内

日 時/令和4年12月19日(月)
            PM4:00~5:30
会 場/衆議院第1議員会館  B1「第1会議室」
            東京都千代田区永田町2-2-1
連絡先/時局心話會 担当:山本 佳奈 
    TEL03ー5832ー7231 FAX03-5832-7232

「ウクライナ危機 その背景と国際的影響力

 講師/廣瀬 陽子
    慶應義塾大学総合政策学部教授

 ロシアによるウクライナ侵攻は、世界に大きな衝撃をもたらしてきた。何故ロシアはそのような侵攻を行ったのか、その背景となっているロシアの地政学的思考や勢力圏構想にフォーカスを当てつつ、プーチン大統領の論理、ロシア流の根拠に迫る一方、ウクライナの善戦の理由にもフォーカスを当てる。また、今回の戦争は正規戦と非正規戦を組み合わせた「ハイブリッド戦争」であるといえ、その理解が 2014年から続くウクライナをめぐる問題を考える上で肝要である。このように、ハイブリッド戦争やロシアの内実を明らかにしつつ、ウクライナ危機を舞台裏から解明し、それに伴って生じた国際社会の課題、今後の展望などについても検討する。

【講師経歴】慶應義塾大学総合政策学部卒、東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了、同博士課程単位取得退学。学位は博士(政策・メディア)(慶應義塾大学)。慶應義塾大学総合政策学部講師、東京外国語大学大学院地域文化研究科准教授、静岡県立大学国際関係学部准教授、等を経て現職。専門は国際政治、旧ソ連地域研究。2018-20 年には国家安全保障局顧問に就任するなど政府の役職も多数。主な著書に、『コーカサス 国際関係の十字路』集英社新書(2008年 7 月)【第21 回「アジア・太平洋賞」特別賞受賞(2009年)】、『未承認国家と覇権なき世界』NHK出版(2014年 8 月)、『ハイブリッド戦争 ロシアの新しい国家戦略』講談社現代新書。

※会場の場合、当日欠席の場合、料金を頂くことになりますので、ご注意ください。

 「アジア安保会議」とは

 アジア会議は、マスメディア(テレビや新聞の解説委員、論説委員、編集委員等)、知識人、商社、防衛産業等、第一線でご活躍の方々を対象にした講演会です。内外の政治・経済・外交を中心に現場でご活躍の講師陣を毎月1回お招きしています。時間は、16時から17時30分までです。