アジア会議

2月「アジア安保会議」のご案内

日 時/令和6年2月29日(木)
            PM4:00~5:30
会 場/衆議院第2議員会館  B1「第8会議室」
            東京都千代田区永田町2-1-2
連絡先/時局心話會 担当:山本 佳奈 
    TEL03ー5832ー7231 FAX03-5832-7232

中国共産党政権の行方と日本のあり方

 講師/阿古 智子
    東京大学院総合文化研究科教授

 共産党政権下の中国では司法の独立が保障されず、社会的弱者は苦しい立場に追い込まれている。香港や新疆ウイグル自治区などの問題があるが、強硬なゼロコロナ政策に対して中国各地で生じた反発が示すように、共産党政権の政治システムのあり方や言論統制に対して厳しい目を向ける人も増えている。曲がり角に差し掛かった中国と隣国の日本はどのように向き合っていけばいいのか。

【講師経歴】1971年大阪府生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。大阪外国語大学、名古屋大学大学院を経て、香港大学教育学系Ph.D(博士)取得。在中国日本大使館専門調査員、早稲田大学准教授などを経て、2013年より東京大学准教授、2020年より同大学教授。現代中国の政治・社会変動、農村の社会関係資本、農村から都市へ向かう出稼ぎ労働者、土地・戸籍制度、知識人や市民社会の動向などを研究している。主な著書・共著書に『香港国家安全維持法のインパクト: 一国二制度における自由・民主主義・経済活動はどう変わるか』(日本評論社、2021年)、『香港 あなたはどこへ向かうのか』(出版舎ジグ、2020年)、『東アジアの刑事司法、法教育、法意識』(現代人文社、2019年)、『超大国・中国のゆくえ5勃興する「民」』(東京大学出版会、2016年)、『貧者を喰らう国―中国格差社会からの警告』(新潮選書、2014年)など。

 「アジア安保会議」とは

 アジア安保会議は、マスメディア(テレビや新聞の解説委員、論説委員、編集委員等)、知識人、商社、防衛産業等、第一線でご活躍の方々を対象にした講演会です。内外の政治・経済・外交を中心に現場でご活躍の講師陣を毎月1回お招きしています。時間は、16時から17時30分までです。