ご挨拶

世界に学ぶ

代表取締役

山本新太郎

Shintaro Yamamoto

  いまや時代はグローバル化という大きな転換期が直面しています。
  これまで規制に保護されてきた企業と業界が改革の嵐に見舞われ、産業界の急速な新陳代謝が始まっている訳です。

  これはグローバルスタンダードという名のアメリカ型「組織とシステム」の導入によって、日本型資本主義が変革を余儀なくされたからに他なりません。

  この競争社会の加速化により、一握りの強者と大多数の弱者という二極化が進み、世界は格差社会に突入しました。

  これは日本人が従来から受け継いできた村社会(伝統、文化、精神、日本式経営等)とは全く異なる生き方です。

  かつて先人達は“商人は商い以外のことに眼を向けるな”と教わりました。

  しかし、今日では経営者が世界の政治や経済に学び、民族の伝統文化に至るまで勉強しなければ、経営の舵取りが厳しくなるとの現実が顕著であります。

  これは、経営者が、時代の変化に耐えられる「意識改革」と「資質の向上」に加え、世界化に適応できる「知力」が問われているからです。

 弊会は第一線で活躍されている方々の“的確な判断と決断”に貢献できる情報提供の役割を担ってきました。

  いまや経営者は、国家観と大局観の視点からまず教養を高めることが肝要です。

  今後は「本物志向」による「価値観の共有」が尊重され、新旧に関わりなく時代の変化に適応できるには世界の情報を間断なく収集できるか否かがキーワードとなるでしょう。

  しかしながら、経営トップの多くの方々が従来型の手法から脱し切れず、解決策を講じることもなく苦戦しているのが現実ではないでしょうか。

  我々はその変革のキッカケを提案していくことで、参加者各位に寄与できるものと自負致しております。

  企業の国際化とは経営者そのものが世界から学ぶ姿勢ではないでしょうか。

山本新太郎(やまもと・しんたろう)の経歴

  • 1969年2月3日
    京都市に生まれる
  • 1984年
    東京・港区立高松中学校卒業
  • 1987年
    明治大学付属中野高等学校卒業
  • 1988年~1990年
    延世大学韓国語学堂(韓国)に留学・韓国語を学ぶ
  • 1990年
    延世大学文学部史学科入学
    日韓の歴史問題を学ぶ
  • 1994年
    延世大学文学部史学科卒業
  • 1997年
    延世大学大学院政治外交学科修士課程修了
  • 1998年
    株式会社時局心話會に入社
  • 2001年
    取締役に就任
  • 2020年
    代表取締役に就任

主催者コメント