主張

失われつつある人間の連帯

 3.11東日本大震災の際、「あの悲惨な状況の中でも日本人は秩序を守って冷静で礼儀正しく行動する国民だ」「われわれも学ぶべきだ」と世界中で驚きと称賛の声が上がったのは周知の通りである。しかし、これが東京で起こったとしたら果たしてどうなるだろうかと、不安が頭をよぎった。東北地方ではかつて日本中にあった「人に迷惑をかけない」「人に心配をかけない」といった人を思いやる心、いわば「義理・人情」が色濃く残っていたといっていい。それが図らずも大震災による被災者の映像が世界中に報道され、その姿に各国が感銘し、驚いたのだ。 3.11東日本大震災の際、「あの悲惨な状況の中でも日本人は秩序を守って冷静で礼儀正しく行動する国民だ」「われわれも学ぶべきだ」と世界中で驚きと称賛の声が上がったのは周知の通りである。しかし、これが東京で起こったとしたら果たしてどうなるだろうかと、不安が頭をよぎった。東北地方ではかつて日本中にあった「人に迷惑をかけない」「人に心配をかけない」といった人を思いやる心、いわば「義理・人情」が色濃く残っていたといっていい。それが図らずも大震災による被災者の映像が世界中に報道され、その姿に各国が感銘し、驚いたのだ。 3.11東日本大震災の際、「あの悲惨な状況の中でも日本人は秩序を守って冷静で礼儀正しく行動する国民だ」「われわれも学ぶべきだ」と世界中で驚きと称賛の声が上がったのは周知の通りである。しかし、これが東京で起こったとしたら果たしてどうなるだろうかと、不安が頭をよぎった。東北地方ではかつて日本中にあった「人に迷惑をかけない」「人に心配をかけない」といった人を思いやる心、いわば「義理・人情」が色濃く残っていたといっていい。それが図らずも大震災による被災者の映像が世界中に報道され、その姿に各国が感銘し、驚いたのだ。 3.11東日本大震災の際、「あの悲惨な状況の中でも日本人は秩序を守って冷静で礼儀正しく行動する国民だ」「われわれも学ぶべきだ」と世界中で驚きと称賛の声が上がったのは周知の通りである。しかし、これが東京で起こったとしたら果たしてどうなるだろうかと、不安が頭をよぎった。東北地方ではかつて日本中にあった「人に迷惑をかけない」「人に心配をかけない」といった人を思いやる心、いわば「義理・人情」が色濃く残っていたといっていい。それが図らずも大震災による被災者の映像が世界中に報道され、その姿に各国が感銘し、驚いたのだ。
 かつて哲学者カントは「元々、人間は非社会的な存在である。それだけに、社会的な存在とならねばならない。そこで、初めて社会という存在が生まれるのだ」と語っている。