アジア会議

10月「アジア安保会議」のご案内

日 時/令和4年10月27日(木)
            PM4:00~5:30
会 場/衆議院第1議員会館  B1「第1会議室」
            東京都千代田区永田町2-2-1
連絡先/時局心話會 担当:山本 佳奈 
    TEL03ー5832ー7231 FAX03-5832-7232

『近づく「台湾有事」を、台湾社会の文脈で読み解く~安倍氏死去・ペロシ氏訪台・中国軍事演習の衝撃と影響』

 講師/野嶋 剛
    ジャーナリスト・大東文化大学社会学部特任教授・元朝日新聞台北支局長

 この夏、台湾は激動の日々に見舞われた。親台派政治家の安倍氏を失い、ペロシ訪台に反発した中国からは大規模軍事演習で『報復』を受けた。軍事侵攻の日が近いとの予感が台湾
社会でも広がっている。台湾統一に固執する習近平体制の「三選」も確実視されるなか、台湾人は『自己防衛』への決意を固めつつある。また、アメリカのバイデン大統領は中国が台湾に
侵攻した場合、アメリカは台湾を守ると断言したが、果たして中国はどういう出方をするのか。8月に台湾に滞在し、軍事演習に遭遇した講演者による現地報告。今回は「台湾有事」について徹底分析する。

【講師経歴】1968年生まれ。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学・台湾師範大学に留学。1992年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学の後、2001年からシンガポール支局長。その間、アフガン・イラク戦争の従軍取材を経験する。政治部、台北支局長、国際編集部次長、AERA編集部などを経て、2016年4月からフリーに。中国、台湾、香港、東南アジアの問題を中心に、活発な執筆活動を行っており、著書の多くが中国、台湾で翻訳出版されている。2019年4月より大東文化大学社会学部特任教授(ジャーナリズム)に就任。著書に「新中国論」(2022年5月17日、平凡社文庫)他多数。

※会場の場合、当日欠席の場合、料金を頂くことになりますので、ご注意ください。

 「アジア安保会議」とは

 アジア会議は、マスメディア(テレビや新聞の解説委員、論説委員、編集委員等)、知識人、商社、防衛産業等、第一線でご活躍の方々を対象にした講演会です。内外の政治・経済・外交を中心に現場でご活躍の講師陣を毎月1回お招きしています。時間は、16時から17時30分までです。